50th Aniversary PARCO - Swim Dress - 私を着せかえよう

MOVIE & POSTER

ついつい浮かれる、夏がくる。

大きなストローハットに、個性的なサングラス、
それにロマンティックなガウンも。

あれもこれも、好きなものだけ着たい。

小さい頃に憧れた、かわいいドールのように。

わたしを着せかえよう。

POSTER A

POSTER B

MODEL INTERVIEW

− パルコは今年、池袋PARCOの開業から50年目を迎えます。記念すべき年の水着キャンペーンモデルに選ばれた気持ちは?
高校生のとき、渋谷PARCOの前をよく通っていたので、水着の広告を毎年目にしていました。その広告に自分が出られると聞いて、すごく嬉しかったです。もちろん、パルコ50周年という記念すべき年なので、「わたしでいいのかな?」というプレッシャーもありました。でも、わたしが出られるのであればきちんとやり切りたいと思い、撮影日を目指してからだをつくってきました(笑)。

− 今回の撮影プランを聞いたとき、どう思いましたか?
女の子なら誰でも、一度はお人形遊びをしたことがあると思うんです。わたしもお人形に憧れている時期があったので、実際に自分がなれるというのが嬉しくて。かわいい世界観を、ちゃんと表現できるように頑張ろうと思いました。

− お人形が秘密のファッションショーを始めるというストーリーでしたが、足立さんがこの夏に気になるアイテムはありますか?
大ぶりのアイテムが気になります。休日は、愛用のカメラを持って出かけることが多いので、映像でかぶった大きめの麦わら帽子やサングラスのように、写真映えするアイテムを身につけて、おしゃれな写真を撮りに行きたい!

− 普段はどんなおしゃれを楽しんでいますか?
どれだけ楽な格好であるかを重視しています(笑)。ここ何年かは、オトナ女子に憧れてかっこいい系の服を着たいと思っていたのですが、今年のわたしの目標は「かわいい女の子になる」なので、これまで買っていた服とは真逆のアイテムを集めようかなって思っているところです。新しいものや、いつもと違うものなど、いろんなものを試したいタイプなんです。

− 今回の水着を着て行きたいところは?
最近はプライベートで水着を着る機会がほぼなかったので、今年こそどこかへ行きたい。親友がサンディエゴに留学しちゃったので、一人で旅行する勇気はないなと思っていたんですけど、「そうだ! サンディエゴに遊びにいけばいいんだ!」って。実はお仕事以外で海外に行ったことがないのですが、今年はチャレンジできるかも。グアムとかハワイとか、南の島もいいですよね。

− 最後に、MOVIEの見どころは?
ちょっと照れながらも、一生懸命がんばっている足立かな(笑)。思いっきりやらせていただいたので、ポーズや表情など、写真を撮るときのお手本になればいいな。それに、とても楽しく撮影できたので、その雰囲気が伝わると嬉しいです。

MODEL PROFILE

足立 梨花
RIKA ADACHI

1992年10月16日生まれ。長崎県出身、三重県育ち。ホリプロ所属。
第32回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。
『Jリーグ名誉女子マネージャー』としてサッカー関連番組などでも知られる。また近年はドラマや映画の主演作も多く重ね、女優としても存在感を増している。
現在、レギュラー出演中のNHK「土曜スタジオパーク」ほか、テレビ・映画・ラジオなど幅広く活躍。今夏放送予定の連続ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」の主演も決定している。

SWIM DRESS

水着:San-ai Resort(三愛水着楽園)

サングラス:ジンズ

ハット:カシラ(POSTER A,MOVIE:ディスプレイ)/ ジャーナル スタンダード(POSTER B)/ アダム エ ロペ(MOVIE:着用)

バッグ:シップス(POSTER B)

ブラウス:スタイリスト私物(POSTER B)/フリークス ストア(MOVIE)

STAFF CREDIT

アートディレクター・デザイナー・監督・編集 :

撮影 :

スタイリスト :

ヘアメイク :

音楽:

照明 :

美術 :

音声収録 :

レタッチャー :

メイキングムービー :

撮影協力 :

企画・制作 :

伊波 英里

神藤 剛

須貝 朗子

福地 智美

AAAMYYY

前島 祐樹

近藤 尚(utrymme)

辻 貴史

佐野 貴子

芳賀 陽平

Ai

PARCO、RCKT/Rocket Company*