CREATIVE
INTERVIEW

クリエイティブ インタビュー

M/M (Paris) エムエムパリス

2014年に初めてパルコのキャンペーン広告のクリエイティブディレクションを行うことになった際、まず最初に考えたことがこの広告を見てくれる人たちが一年間を通して統一したイメージを共有してもらえる広告制作をすることでした。

私たちの考えるメッセージを1年掛かりでビジュアル的にもインパクトのある伝え方をするために、クリエイティブコンセプトとして考えたことが、地球の外を周る太陽や月の周期をシーズンごとのイメージの変化に見立てることでした。ポスターやムービーといったメディアを通して「パルコ・ワールド」が奏でるリズムを描くため、最初の2年間のキャンペーンで私たちは強い個性を持ったチャーミングな女性キャラクターを起用しました。

LilyとAnnaという2人の女性によって季節の移り変わりを表現し、彼女たちから醸し出される生命のリズムを、力強いファンタジーとして描くためにアーティストであり写真家であるViviane Sassenに撮影を依頼しました。

そして、3年目となる今年は、パルコの広告がこれまでに持ち続けてきたイメージと、毎年、毎シーズンに渡って描いてきたサプライズを強調するため、写真のアプローチに変化を付けました。女性らしいテイストは残しつつも、これまでとは異なるリアリティに溢れたアングルを模索した結果、アーティストであり写真家であるJuergen Tellerに撮影をお願いしたのです。結果、彼は我々の依頼とチャレンジに対して、とても大きな熱意を持って引き受けてくれました。

Juergen Tellerはドイツのニュルンベルグ・アートアカデミーにて写真の講師をしており、Juergenからのアイデアで、今回私たちは彼の生徒たちをこの企画に招待し、新たな「パルコ・ワールド」を共に描くことにしました。彼らと考えた新たな「パルコ・ワールド」では、黒い影に潜むマジシャンや、プラスチックに覆われた人魚、ブロンドヘアの金魚、そしてゴールドのチェーンをぶら下げたドラマーといった、まさに童話に登場するようなキャラクターが誕生しました。これらのキャラクターは19世紀にドイツで活躍した童話作家のグリム兄弟へのオマージュでもあります。

ニュルンベルグ・アートアカデミーがとても深い森に囲まれたロケーションに位置することもあり、「THE BLACK FOREST」というテーマの童話を作るため、私たちはJuergen Tellerと彼の生徒たちへ会いにアートアカデミーへ向かいました。

そして、この物語をより完成度の高いものにするために、主役の少女であるLiliを呼び、その他のマジカルなキャラクターたちと共に、シーズンごとに描く4つエピソード「INTO THE BLACK FOREST」(秋)、「DEEP IN THE BLACK FOREST」(冬)、「ESCAPE FROM THE BLACK FOREST」(春)、「RETURN TO THE BLACK FOREST」(夏)を作りました。

結果的に、我々は今回もとても美しいセッティングのビジュアルイメージと映像を残すことができたと思っています。このビジュアル作品がパルコの広告として次の一年間、パルコのあらゆる面をチャミングに、ユーモアを持って、女性らしく、そして多くの驚きと共に彩ってくれると思っています。

ーM/M(Paris)

Juergen Teller ヨーガン・テラー

今回の撮影では私と生徒たちにとって、とても楽しく素晴らしい時間を過ごすことができました。パルコが私たちのことを信頼してくれたおかげで、自分たちのすべてを表現できたと思います。結果として出来上がったビジュアルもとても気に入っており、ぜひ次も撮影したいと思っています。ありがとう。
ーJuergen Teller

16ver.